カードローンの申し込みをキャンセル

カードローンの申し込みをキャンセルする場合の基礎知識

カードローンの申し込みキャンセルについて

カードローンでの借り入れを行う場合、業者への手続きを行うと、申込先の業者による審査が行われます。
審査では、申込者の収入などの状況や信用情報に問題がないかなどの確認が行われます。審査に通過することで、始めてカードローンでお金の借り入れができるようになりますが、場合によっては申し込みをキャンセルしたいケースがあります。

 

例えば、お金の借り入れを行おうとして申し込んだが借り入れが不要になったケースや、別の業者での借り入れをしたい場合など様々なケースが考えられます。また、最近ではインターネットから簡単に申し込みが行えるため、勢いで申し込んだもののやはり取り消したいケースも多々発生しています。

 

このような場合に、キャンセルする際にはその方法や注意点などがいくつかあります。まずは、キャンセルの方法については、一般的には業者に借り入れをやめたい旨を連絡することで、通常は申し込みを取り消すことができます。

 

通知方法は、電話での連絡や、取り消しの申請書の提出など業者によってその方法は様々になっています。それらでの、通知を受理されることで取り下げが可能です。また、審査が通過すると、一般的には契約書の提出などを業者側に提出しますが、その書類などを提出しないことでもキャンセル扱いになる場合が一般的です。

 

通常は、審査通過後、必要書類を提出することで正式に借り入れとなる場合が多くなっています。
これらを提出しないと、申し込みが成立せず、結果キャンセルと同じことにはなります。通常は申し込み時などにもそのあたりが明記されている場合が多く、例えば審査通過連絡後、1ヶ月以内に必要書類が提出されない場合は自動キャンセルになるなど明記されています。

 

ただし、申し込んで審査を行ってもらっているため、礼儀的に申し出を行い取り消してもらう方が良くなっています。また、必要書類などを提出していなくても、申し込んでいる以上誤って融資などが行われる可能性もあるため、キャンセルしたい場合はその意思表示を行うことが重要です。

 

カードローンの申し込みの取り下げを行った場合ですが、信用情報には傷が付くことはないため、その点は心配する必要はありません。
ただし、カードローンに申し込みを行い、審査を行ったという情報は残るため、その点は留意が必要です。ただ、審査を行ったことが残った場合でも、他の業者からの借り入れ審査の場合や、同じ業者での際申し込みの際の信用情報確認には問題がでないため、その点は安心できます。